MENU

ダイエットがうまくいかない原因のひとつに「むくみ」がある!?

 「ダイエット」は、多くの女性のつきない悩みです。ダイエットを行う人は、理想の体型もしくは体重を目指しているわけですが、一時的に痩せたとしても、すぐにリバウンドしたり・・・ そんなに食べていないのになぜか痩せない・・・ など、「ダイエットをしているつもりでも、なぜか痩せられない」ということで悩んでいる人が多いようです。

 

 ダイエット本などで解説してあるような方法を真面目に取り組んでも効果を感じない、そんな中で多くの人が気づいていないこと・・・・・
 それは むくんでいると痩せたように見えない ということです。

「むくみ」を解消するだけで、3割も痩せて見える!?

  • そんなに食べていないのに太ってしまう
  • 若い時と体重はそれほど変わらないのに、かなり太ったように見える

このように感じた経験はありませんか?

 

 このように感じるのは「むくみ」が原因かもしれません。

 

 むくみと体重増の関係については、多くのダイエット本で触れられることは少なかったのですが、昔ほどすっきりして見えない、若々しさがなくなった、肥満とまではいかないが痩せては見えない……などと感じる原因の一つに「むくみ」があります。

 

 「むくみ」を解消するだけで、見違えるほど痩せて見える人、若々しく見える人がたくさんいます。中には見た目が3割も痩せて見える場合もあるそうです。

 

スポンサードリンク

むくんだ状態では痩せられない

 なかなかダイエットがうまくいかない人がいる一方で、いくら食べても太らない、特別なダイエットをしていないのに痩せられた といううらやましい人もいます。
 その違いはどこにあるのかというと・・・・・答えは「血流」にあります。

血流が悪いと、むくみを誘発する

 血流が悪くなると、血液は汚れてドロドロの状態になります。こうなると、本来は全身の細胞にまんべんなく運ばれるはずの「水分」が、細胞に届かず、細胞と細胞のすき間に流れ出てしまいます。これがむくみの正体です。

 

 体や顔などが全体的にむくんで、”「ぽっちゃり」「ぷっくり」見えてしまう=太って見えてしまう” のは、細胞が水分をとり込まず、すき間にあふれてしまうからで、このとき、水分と一緒に細胞に送られるはずの栄養素も、皮下脂肪や内臓脂肪へとどんどん流れてしまいます。

 

 「そんなに食べていないのに、すぐ太ってしまう」という人は、まさにこのパターンであり、血流が滞ると、むくみを引き起こすだけでなく、「そんなに食べていないのに、太ってしまう」「なかなか痩せられない」という、太りやすい体質になってしまいます。

 

 むくみのある状態では、どんなダイエットをしても、思うようには痩せられません。たとえ一時的に痩せられたとしても、すぐにリバウンドしてしまいます。

脚のむくみで太り体質を見極める

 長時間の立ち仕事やデスクワークをしている人の中には、「脚のむくみ」に悩んでいる人がたくさんいますが、このような方は血液の流れが滞っていることが考えられます。

 

 その理由は、血液は全身の細胞にまんべんなく水分を運ぶ一方で、不要になった水分を細胞から受けとる役割も担っていますが、血流が悪くなると余分な水分を排出する働きも弱くなります。すると、細胞の中の水分の行き場がなくなり、むくんでしまうためです。

 

 また、長時間の立ち仕事やデスクワークで脚がむくみやすいのは、重力の影響を受ける水分が、体の下のほうにたまりやすいためですが、実はこのとき全身がむくんだ状態になっています。特に夏場でのエアコンが効いた職場などでは、体が冷えることで血流が悪くなりこの症状が助長されます。また普段から体温が低い人もむくみやすいといえます。【参考:”冷える”と”むくみ”がでるのはなぜか?

 

 つまり、脚にむくみを感じる人は血流が滞り、全身がむくんでいる=太リやすい体質になっていることが考えられます。

自律神経のバランスが崩れても血流が悪くなる

 ダイエットを成功させたいなら、食事を抜いたり、食べる量を減らすような極端な食事制限はやめましょう。それは食事を抜くと腸が動かなくなるので、自律神経のバランスが崩れ、かえって太ってしまうことが多いからです。

 

 自律神経のバランスが崩れると血流が悪くなります。すると、腸の消化吸収の働きが弱まるため腸内環境が悪化して、汚いドロドロの血液しか造ることができなくなってしまいます。

 

 血液が汚くなると、細胞と細胞のすき間に水分があふれてむくんでしまうとともに、皮下脂肪や内臓脂肪がたまり、太りやすい体質になってしまう悪循環に陥ってしまいます。

 

 食事制限や特別な運動をする前に、まずは「むくみを解消する」=「血流を改善する」ことが大切です。血流を整え、細胞のすみずみにまでに、きれいな血液が流れるようになれば、体に余分な水分や脂肪がたまらなくなるので、太りにくくなります。

 

 逆にむくみが解消できれば、痩せて見えるだけでなく、頭痛・肩こり・便秘・倦怠感などの体調不良までも解消できます。さらにダイエットの最終目的「太りにくい体」「体重減少」という結果が出る人もいます。

 

 

スポンサードリンク

むくみを取れば痩せられる!?まずは食事制限ダイエットをやめましょう!関連エントリー

なぜ むくむのか?
むくみが発生するメカニズム(仕組み)についてお話します。
むくみの原因
むくみの原因は、生活における行動や、食事などの生活習慣など、様々な要因でむくみがでます。 しかし、むくみの症状が出る体のメカニズムを知れば、むくみ対策ができるでしょう。
むくみ解消法
むくみは、下半身(特にふくらはぎなどの足)やまぶたなど目の周辺、顔、手、指など部位別にみれば、むくみが出る箇所は決まっています。 女性であれば、生理や妊娠など、体調の変化でもむくみは出ます。 そんなむくみを解消するためには、むくみのメカニズムについて学ぶことが大切です。
むくむ場所のチェック
むくみは、身体のいたるところに出ますが、「好発部位」といってむくみので易い場所というのがあります。このむくみの場所や症状で病気がわかる場合もあります。
むくみやすい人、むくみにくい人
むくみは、人によってその程度はさまざまですし、むくみやすい人やむくみにくい人もいます。これらのむくみの体質について解説します。