MENU

むくみの分類で病気を見極める

 むくみは、全身の各部位に現れている場合と、身体の一部にだけ現れる場合があります。むくみと病気の関係を見るときは、それが「全身の各部位」なのか、それとも「身体の一部」に現れているのかをまず見分けます。普段、慣れている「むくみ」が思わぬ病気につながっていることもありますので、注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

全身の各部位にむくみが現れている

 全身にむくみの症状が現れている場合、次に、「姿勢に関係があるか」「姿勢に関係がなく起こっているか」を確認します。むくみの症状は、体内の水とナトリウムが過剰になった状態ですから、その症状には重力が影響します。姿勢に関係がある場合は、「立っている時は足に」、「横になっているときには背中や顔」などにむくみが生じやすい状態を言います。

姿勢によってむくむ場所が違う

 姿勢によってむくみが現れる部位が変わる場合は、次のような病気が考えられます。
●心性浮腫 (うっ血性心不全)  (参考:うっ血性心不全とむくみ
●急性心膜炎
●急性心糸内膜炎
●ネフローゼ症候群
など

姿勢に関係なくむくみが現れている

 姿勢に関係なく、むくみが全身に見られる場合は、次の病気等が考えられます。
●肝硬変
●妊娠
など

身体の一部だけにむくみが現れる

 身体の一部だけにむくみの症状が現れている場合、次に「血管が浮き上がっているか」、「血管が浮き上がっていないか」が確認のポイントになります。この場合の血管は、静脈のことをいいます。

血管(静脈)が浮き出ている

●下肢静脈瘤  (参考:片足だけがむくむ場合

血管(静脈)が浮き出ていない

●静脈血栓症

 

 むくみの症状の場合、普通は指で押すと凹み、すぐにまた元の状態に戻りますが、甲状腺機能低下症などのむくみの場合は、押しても凹みません。このように一言で「むくみ」といっても、その症状や原因はさまざまですから、「たかがむくみ」と安易に考えることは禁物です。上記のようなことが当てはまるようでしたら、医師の診察を受けてください。

 

スポンサードリンク

むくみと病気の関係関連エントリー

うっ血性心不全
うっ血性心不全とむくみの関係について解説します。
両足がむくむ場合
両足がむくむ場合の病気との関係について解説します。
片足だけがむくむ場合
片足だけがむくんだ時や、両足がむくんでいても右足と左足でむくみの程度が大きく違う場合はなんらかの病気の可能性が高くなります。