顔 むくみ 原因

MENU

顔のむくみの原因は?

 顔のむくみの原因は、顔の皮膚の下の組織に水分が溜まってしまうことです。 顔に水分が溜まる? なぜ? とお思いの方もいると思います。足のむくみの原因でも説明しましたが、重力の問題と、心臓と足の遠いことなどから、足はむくみ易いと説明しましたが、顔は心臓から近いし、立っていれば顔が一番上にくるんだから、むしろ水は溜まりにくいのでは?と思われるかもしれません。
 ここが勘違いしやすいのですが、顔のむくみの症状は、朝起きがけから午前中くらいまでで、昼に仕事や学校などで活動していると、健康な方であればいつのまにか顔のむくみは消えてしまいます。

 

スポンサードリンク

 

寝ることで顔がむくむ?

 これでお分かりのように、顔のむくみの原因は、人間が夜寝ることで起きます。水分は高いところから低いところへ流れるので、昼は足がむくみやすく、夜寝ているときは、水分が身体全体へ流れますので、朝起きたときが一番、顔のむくみがみられます。また、この顔のむくみの原因となりえることは、むくみの原因でも説明しましたが、下記のこともむくみを誘発する大きな原因となります。

アルコールの摂取

 アルコールを摂ると、血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が拡張して静脈やリンパによる水分の処理が間に合わなくなるので、むくみやすくなります。

塩分の摂りすぎ

 塩分をとりすぎると、余分な水分が増えむくみが進行します。なるべくカップ麺などのインスタント食品は避けましょう。

ビタミン、ミネラル不足

 特にカリウム、マグネシウムなどの不足はむくみにつながります。

運動不足

 新陳代謝の低下により、血行が悪くなり、リンパの働きが悪くなります。

腎機能の低下

 腎機能がうまく機能していない場合があります。

「とにかく忙しい!」という方の【むくみ対策】に

 きゅきゅっと小町は、効果を実感した人が94%リピート率が92%と、多くの女性雑誌でも取り上げられている、今話題のむくみ解消&美容サプリメントです。

 

顔のむくみの原因はさまざま

 顔のむくみの原因は、夏にエアコンなどの室内に長時間いると、発汗が悪くなり身体に汗をかかないという癖がついてしまいます。そうなると汗をかかなくなる=身体に水分が溜まるということで、これもまたむくみの原因となります。

 

 その他にも顔のむくみの原因としては、腎機能障害など病気のサインの場合もあります。むくみは肝臓病、心臓病、妊娠中毒、腎臓病、血管やリンパ管の障害、脚気、貧血などの病気の際にもおこります。また、血行不良による代謝の低下で、冷え症やむくみやすい体質となる場合もあります。顔のむくみの原因は、様々なのですが、これらが複合的に重なって顔のむくみになってしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

顔のむくみが「たるみ」につながる

 顔のむくみが、顔のたるみにもつながります。特に、接客業などの立ち仕事やデスクワークなど、一日を通してあまり身体を動かさない仕事をしている方や、運動不足の場合、体内で水分を巡らせて排出する力が重力に負けてしまうことで、体内に溜まった水分が下垂していきます。このように排出できない老廃物で皮膚が下垂した状態が続くと、皮膚が伸びてしまいますし、老廃物は肌の新陳代謝を妨げるため老化を促進してしまいます。これが結果的に「顔のたるみの原因」となってしまいます。

 

 以上のように、顔のむくみの原因は、様々なのですが、これらが複合的に重なって顔のむくみになってしまう場合もあるので、注意が必要です。

顔のむくみの原因関連エントリー

アルコールが原因で顔がむくむ?
ビールやお酒、ウイスキーなどのアルコールを摂取した翌朝は、必ずといっていいほど顔がむくんでいます。アルコール摂取と顔のむくみの原因についてお話します。
顔のむくみの解消法
顔のむくみを解消するには、足のむくみ同様なのですが、朝の顔のむくみは特に、アルコールや塩分の摂取などの食事習慣に気をつける必要があります。
目(まぶた)のむくみ 原因と解消法
寝起きなど、顔がむくんでいる場合、目(まぶた)のむくみも考えられます。目(まぶた)のむくみの原因と解消法について解説します。